日本語の方はこちら

案内概要開催趣旨
招待演者スケジュール過去のフォーラム
ポスター発表募集参加申込(準備中)京都案内(準備中)
お問合せ

English Click here

TopOutlinePurpose
Guest SpeakersScheduleHistory
Call for Poster PresentationRegistration(in preparation)Enjoy Kyoto(in preparation)
Contact Us
国際たまごシンポジウム in 京都 2018 お問合せ

概要

名称 国際たまごシンポジウム in 京都2018
英称 The International Egg Symposium in KYOTO 2018
大会会長 八田 一 (京都女子大学) ジャンピング・ウー(アルバータ大学)
名誉会長 菅野道廣(九州大学名誉教授) 松田治男(広島大学名誉教授)
主催 国際たまごシンポジウム in 京都 2018 実行委員会
共催 日本たまご研究会、タマゴ科学研究会
協賛 卵関連企業や業界団体に依頼中
後援(依頼予定) 日本栄養・食糧学会、家禽学会、日本養鶏協会、
日本卵業協会、日本農芸化学会、日本食品科学工学会など
開催日程 2018年10月16日:9時30分 − 17日:13時
      (10月15日:18時 ウエルカムパーティー 招待講演者の歓迎と参加者との交流の場)
10月16日 シンポジウム 9時30分開会 − 17時50分、懇親会18時 − 20時
10月17日 シンポジウム 9時 − 13時閉会
開催場所 メルパルク京都 6F (JR 京都駅 中央口出て 徒歩1分)
参加費 一般:講演会 12,000円、懇親会 5,000円、ウエルカムパーティー 5,000円
学生:講演会 無料、懇親会 3,000円、ウエルカムパーティー 3,000円

開催趣旨  国際たまごシンポジウム in 京都 2018

  卵は宗教や文化に関係なく、世界中で食べられている食品です。
  一方、鶏には生命をつなぐ大切な細胞です。ヒヨコが生まれるのに必要な全ての栄養素を含んでいます。生命のカプセルとも言われ、細胞の増殖や分化、血管新生、免疫機能、骨や羽毛の形成などに係る生理活性物質の宝庫でもあります。

  日本の卵消費量は年間一人331個で、メキシコ371個に次ぐ世界第2位 (2016年) です。また、日本人は生卵を食べる食習慣があり、卵の衛生や鮮度管理技術はもちろん、卵の調理・加工技術や健康機能に関する研究開発も世界に誇れるレベルであると思います。

  今回、卵の安全と栄養・調理・健康機能を大会テーマとして、卵研究の情報共有を進めるため、国際卵シンポジウム in 京都 2018 を開催いたします。
  卵に関する最新の研究成果を日本の京都から世界に発信したいと思います。

大会会長  八田 一 (京都女子大学・教授)
共同会長  ジャンピング・ウー (アルバータ大学・教授)

招待演者 (敬称略)

海外演者 プロフィール 演題(仮題) 所属
トーマス・ハンフリー プロフィール (基調講演) サルモネラと
キャンピロバクターの制御について
スワンセア大学教授 (英国)
マーク・ロブステイン プロフィール 鶏卵の安全安心について 農務省 (米国)
ジャンピング・ウー プロフィール 抗酸化食品素材としての鶏卵 アルバータ大学教授 (カナダ)
峯 芳徳 プロフィール 卵ペプチドの生理機能研究 ゲルフ大学教授 (カナダ)
ヤン・サイダーフェルト プロフィール 最新情報/欧州鶏卵市場と技術 バウハウス・
エントホーヴェン社 (オランダ)
ヴァンサン・ギョネ プロフィール 南米・アフリカ・アジアにおける
鶏卵の重要性
国際FFIコンサルタント (カナダ)
イヴ・ニス プロフィール 卵殻形成と膜強度:
今、分かっていること
国立農業研究所 (フランス)
ハミデル・イスラム プロフィール 精密な孵化場の管理・運営を目指した分光技術の応用 バングラデッシュ農業大学
徐 永平 プロフィール IgY抗体を用いた疾病管理について 大連工科大学 (中国)
国内演者 プロフィール 演題(仮題) 所属
菅野 道廣 プロフィール (基調講演) タマゴとコレステロール:
敵それとも味方?
九州大学・熊本県立大学
名誉教授
八田 一 プロフィール 鶏卵の安全性指標としての卵黄係数 京都女子大学 教授
海老澤 元宏 プロフィール 鶏卵アレルギーの最前線 国立病院機構相模原病院 部長
峯木 眞知子 プロフィール 日本料理での
タマゴのおいしさについて
東京家政大学大学院 教授
加藤 久典 プロフィール 卵殻膜の有用性について 東京大学 特任教授
ヒッシャム・イブラヒム プロフィール 卵タンパク質の生理機能研究 鹿児島大学 教授
岸本 良美 プロフィール 鶏卵摂取が血清脂質、
抗酸化指標に及ぼす影響
お茶の水女子大学
寄附研究部門准教授
大石 勲 プロフィール 鶏卵のゲノム編集について 産業技術総合研究所 グループ長

スケジュール(暫定)

10月15日 (月)
18:00 ウェルカムパーティー(メルパルク京都1F)
招待演者とともに
10月16日 (火)
09:30 開会式
09:50 セッション 1 卵の安全安心
基調講演 1題 (40分 x1)
一般講演 3題 (30分 x3)
12:00 ポスター発表概要 10題 (3分 x10 )
12:30 休憩
13:50 セッション 2 卵の魅力 (1)
一般講演 4題 (30分 x 4)
15:50 コーヒーブレイク(30分)
16:20 セッション 3 各地域の市場動向について
一般講演 3題 (30分 x3)
17:50  
18:00 懇親会 ・ ポスター賞発表
10月17日 (水)
09:00 セッション 4 卵の課題は何か
基調講演 1題 (40分 x 1)
一般講演 2題 (30分 x2)
10:40 コーヒーブレイク(20分)
11:00 セッション 5 卵の魅力 (2)
一般講演 4題 (25分×4)
12:40 閉会式
13:00 終了

バンフ・エッグフォーラムを振り返る

第1回 1992年4月22-25

卵の新規利用方法と最新加工技術(カナダ)

第2回 1998年4月5-8

卵の栄養と最新バイオテクノロジー(カナダ)

第3回 2004年4月18-21

卵の栄養と健康増進(カナダ)

第4回 2012年3月28-30

卵の商品開発:
「市場動向」「イノベーション」「未来」の視点から(カナダ)

第5回 2014年6月25-27

生理活性機能の宝庫としての卵(ポーランド)

第6回 2016年10月4-6

卵の栄養、機能性、健康について(カナダ)

第7回 2018年10月16-17

国際たまごシンポジウム in 京都 として開催
卵の安全性と栄養・調理・健康機能(京都)

The International Egg Symposium in KYOTO 2018 Contact with us MIELPARQUE KYOTO メルパルク京都

Outline

The International Egg Symposium in KYOTO 2018
Chair Dr. Hajime Hatta, Dr. Jianping Wu
Honorary Chair Dr. Michihiro Sugano, Dr. Haruo Matsuda
Organizer The Committee of The International Egg Symposium in KYOTO 2018
Co-Organizer Japan Egg Forum, Japan Egg Science Society
Dates

Day 1; Oct. 16th, Tue. 2018
9:30-17:50 Presentation
18:00-20:00 Banquet and Poster Award

Day 2; Oct. 17th, Wed. 2018
9:00-13:00 Presentaion
# Welcome Party will start at 18:00 on the evening of Oct 15th,

Place Mielparque Kyoto 6F (One minute’s walk from JR Kyoto Station)
Entry Fee

Presentation JPY 12,000, Banquet and Poster Award JPY 5,000,
Welcome Party JPY 5,000

For Students Only
Presentation Fee Free, Banquet and Poster Award JPY 3,000, Welcome Party JPY 3,000

Purpose of The International Egg Symposium in KYOTO 2018

  Eggs are eaten in different religions and cultures across the world.
For chickens, egg is a complete set of biological substances to generate new life. Eggs contain sufficient materials necessary to develop an embryo and give rise to a newborn chick. So, it is called a capsule of life and is regarded as a treasure trove of physiologically active substances related to cell proliferation, angiogenesis, immune function, bone and feather formation etc.

  It is well known that Japanese like to eat eggs. In 2016, Japan had the second highest annual consumption per capita (331 eggs), followed to Mexico (371 eggs). Moreover, Japanese like to eat raw eggs. So, we believe that freshness and safety of eggs in Japan, its processing technology and R & D exploring its benefit for human health is at the world-class level.

  We will hold the International Egg Symposium in Kyoto 2018 for the purpose of sharing information on egg safety and nutrition, cooking and health benefits. We would like to spread knowledge of the recent egg research to the world from Kyoto in Japan.

Chair : Dr. Hajime Hatta (Professor, Kyoto Women’s University, Japan)
Co-Chair : Dr. Jiamping Wu (Professor, University of Alberta, Canada)

Guest Speakers

Overseas Profile Expected presentation topics Affiliation
Dr. Thomas Humphrey Profile (Keynote Speech) Salmonella and Campylobacter Control Swansea University, UK
Dr. Mark Lobstein Profile Egg safety in the US & the world USDA / AMS, USA
Dr. Jianping Wu Profile Egg as an Antioxidant Food University of Alberta, CAN
Dr. Yoshinori Mine Profile Bio-Functional Egg Peptides University of Guelph, CAN
Mr. Jan Zijderveld Profile Update EU Egg market & Technology Bouwhuis Enthoven, NED
Dr. Vincent Gyonnet Profile The importance of eggs – A view from Latin America, Africa and Asia FFI Consulting Ltd, CA
Dr. Yves Nys Profile Understanding Mechanisms of Eggshell formation to control its strength INRA, FRA
Dr. Md. Hamidul Islam Profile Application of Spectropscopic Technique for Precision Hatchery Management Bangladesh Agricultural Univ.
Dr. Yongping Xu Profile Control Animal Disease using IgY Dalian University of Tech, CHN
Japan Profile Expected presentation topics Affiliation
Dr. Michihiro Sugano Profile (Keynote Speech) Eggs and cholesterol :
A for or a friend?
Professor Emeritus of Kyushu Univ, & Prefectual Univ. of Kumamoto
Dr. Hajime Hatta Profile Yolk index as an indicator of egg safety Kyoto Women’s Univ.
Dr. Motohiro Ebisawa Profile Egg Allergy at Medical Forefront Sagamihara National Hospital
Dr. Machiko Mineki Profile Eggs and Japanese Cuisines Tokyo Kasei University
Dr. Hisanori Kato Profile Egg Shell Membrane University of Tokyo
Dr. Hisham Ibrahim Profile Bio-Functional Egg Proteins Kagoshima University
Dr. Yoshimi Kishimoto Profile Impact of egg consumption on serum lipids and antioxidative parameters Ochanomizu University
Dr. Isao Oishi Profile Genome Editing in eggs National Institute of Advanced
Industrial Science and Technology

Tentative Time Table

October 15th (Mon)
18:00 Welcome Party at Mielparque Kyoto 1F
with Guest Speakers
October 16th (Tue)
09:30 Opening Ceremony
09:50 Session 1 Egg Safety
Keynote lecture (40min x1)
Presentation 1-3 (30min x3)
12:00 Poster Introduction (3min x10 )
12:30 Lunch Break
13:50 Session 2 Egg Benefits (1)
Presentation 4-7 (30min x 4)
15:50 Coffee Break
16:20 Session 3 World Egg Trends
Presentation 8-10 (30min x3)
17:50  
18:00 Banquet and Poster Award
October 17th (Wed)
09:00 Session 4 Update Egg Concerns
Keynote lecture (40min x 1)
Presentation 1-2 (30min x2)
10:40 Coffee Break
11:00 Session 5 Egg Benefits (2)
Presentation 3-6 (25min each)
12:40 Closing Ceremony
13:00 Closure

HISTORY OF THE BANFF EGG FORUM

1st APRIL 22-25, 1992

Non-Conventional Egg Uses and
Newly Emerging Processing Technologies

2nd APRIL 5-8, 1998

Egg Nutrition and Newly Emerging
Ovo-Biotechnologies

3rd APRIL 18-21, 2004

Egg Nutrition for Health promotion

4th MARCH 28-30, 2012

Trends, Innovations, and the Future of
Egg Product Development

5th JUNE 25-27, 2014

Egg: Bioactive Treasure (in Poland)

6th OCTOBER 4-6, 2016

Egg Nutrition, Functional Food and Human Health

7th OCTOBER 16-17, 2018

International Egg Symposium (in Kyoto, Japan)
Egg Safety and Benefits for Human Health

CALL FOR ABSTRACTS!    Let’s share your research finding.

We invite authors to submit abstracts for poster presentation at the International Egg Symposium in Kyoto 2018.
The theme of the symposium is Egg Safety and Benefits for Human Health.

Please use the abstract template and guidelines to prepare your submission.
Email your completed template to nihontamaken@gmail.com as soon as possible.

* Please send abstracts to submit your findings by June 15th*

The poster presenter (one person) will be free from the symposium fee and invited to the banquet after the poster presentation.
And the excellent poster presentations selected by voting will be given awards at the banquet site.

Abstract submission guidelines

Original abstracts for poster presentation should be submitted to fit one of the following four categories.

  • Egg safety
  • Egg nutrition and human health
  • Egg cooking and egg processing
  • Egg protein and peptide in human health
  • Abstracts must be submitted via nihontamaken@gmail.com
  • Abstracts must be received by June 15th.
  • The abstract template MUST BE USED. (Please download the template)
  • Please ensure your entry is text only and does not include tables, charts or figures.
  • The abstract should be a maximum of 250 words.
  • All abstracts will undergo peer review by the Committee and if successful will be accepted and allocated as a poster presentation.
  • A decision on the acceptance of your abstract will be made by the end of June.
  • After the final submission deadline, abstracts are not edited by the organizers and author corrections will not be accepted.
  • Abstracts should be checked for accuracy prior to submission.
  • The presenting author is required to ensure that all co-authors are aware of the content of the abstract before submission.
  • Abstracts will be published in the Program only if the author has registered for the International Egg Symposium.
  • Only registered delegates may present abstracts, therefore at least one author should register in full to attend the conference and present the poster presentation Three minutes oral presentation using 3 sheets (ppt data) by at the most 20 poster presenters will be performed on the morning session of 16th, October.
Page Top